concept

ネットワークMIDEC 設立趣旨

 

宮城県産業デザイン交流協議会(MIDEC)は、平成22年6月の総会において、20年間続いた組織を解散し、新たにネットワークMIDECとして活動することにいたしました。

20年間MIDECは宮城県などの支援により、地域や企業そして生活者に対しデザインの重要性や理解度を高めるための各種事業、さらには地方自治体や産地組合などから委託事業を受け、デザイン事業などの実践的活動を行ってきました。これまでMIDEC活動に対し、ご支援ご尽力いただきました皆様に心より感謝申し上げます。

さて、この度設立いたしましたネットワークMIDECは、デザインの領域や行政におけるデザイン振興、さらにはデザイン活動のパラダイムが変化する中で、会員間のネットワークを主体とし、デザインに関わる情報交換などを行う緩やかな組織体です。

また、会員間の交流や研究会活動なども実施する中で、さらなる組織的なデザイン活動を模索し、次なる目標や活動指針が生まれることを期待しております。

皆様には「ネットワークMIDEC」の趣旨をご理解いただき、会員として登録していただければ幸いです。

 *   会員間の連絡等は基本的にネット上で行う

 *   幹事会は本会の活動や情報提供について協議する

 *   幹事会メンバーは事務局が指名する

 *   事務局は当面旧MIDEC事務局が担う

 *   研究会は自由に設立でき、設立にあたってはネットで報告

 *   研究会の運営等は全て、個々の研究会で責任を持つ



ネットワークMIDEC(旧 宮城県産業デザイン交流協議会 MIDEC)
E-Mail: midec@midec.jp